うつ病治療の前にうける検査の重要性とは【費用相場を紹介】

検査から判明します

ドクター

全てを知っている体とは

精神科と心療内科に訪れる患者の中で最も多いのがうつ病相談者ですが、治療を行うには検査を含めたいくつかの準備が必要です。まずは光トポグラフィー検査で、脳内を分かりやすく数値化するためのスキャンか問診を行い、そこから病気の原因を特定していきます。この光トポグラフィーは検査料金として1万円前後の費用が掛かるので、まずはこれを使い医師に病気の特定をしてもらいましょう。反対に問診は無料カウンセリングを実施している機関もあるので、受診希望者も多く親身になって相談に乗ってもらえる点が評価されています。どちらの検査でも最初にうつ病原因としてよく挙がるのが、身体的機能障害から来るうつ状態の認定で、心療内科での報告が多数確認されています。この場合は抗うつ薬よりも、体の機能障害回復に重点を置く治療を行うため、費用構成に若干の違いがあります。例えば原因が睡眠不足によって体内の血液の流れに不備が現れ、それがうつ状態となって表れている場合は、睡眠作用のある三環系薬品が使用されます。薬品の費用は1か月分で凡そ5000円掛かり、これに医師の処方箋代5000円を合わせて合計1万円前後掛かります。薬品は決められた1日当たりの服用量の条件を守れば、いつ服用しても良いので忙しい人でも手軽に治療できると好評の声を獲得しています。次に精神状態が原因でうつ病を発症させている場合は、進行度に合わせて緊急の処置が必要な場合があり、精神科での報告が多数あります。多い事例がうつ病を短い期間で再発させてしまう事例で、この場合はETCと呼ばれている治療方法が用いられる可能性があります。ETCは脳の電気信号に多大なズレが生じている場合に、電気的なショックを与える事で電気信号を正常な状態に戻す治療方法です。費用の概要はETCの使用に2万円以下、ETCを使用する前の複数の検査に対してそれぞれ費用が発生します。全身麻酔を施す治療なので、安全性を確立させるために血液検査だけにとどまらずレントゲンや心電図も行い、必要に合わせて追加検査を行います。安全対策を自分が受ける検査で確立するため、高い評価を獲得している治療として有名で、技術進歩の影響で治癒確率も年々上昇傾向にあります。この方法は主に高年齢の患者に対して行われるケースが多く、治療後気持ちがすっきりしたという評価も至る所で散見されています。以上の治療を受けたら会社に勤めている方は、医師に診断書発行手数料として3万円を支払い、会社への報告を行い必要に応じて職場環境の改善を求めましょう。

睡眠障害もいろいろ

相談

うつ病を発症しやすい状況あるいは、うつ病に罹患している場合、多くの人が睡眠障害に陥っています。不眠・過眠・早期覚醒、これらが混ざり合うなど厄介なものもあり、専門医の指示に従い休息をとることが大事です。

Read More

使い分けの判断材料

婦人

セロトニンとノルアドレナリンを改善する目的で、多くのうつ病治療薬は開発や改良を加えながら進化しています。中にはマニュアル化されている診断を元に処方する物や、特定条件下での使用が最適な物もあり、状況に合わせて使いわける必要があります。

Read More

うつとは一体何者なのか

メンズ

うつ病とはさまざな見解があります。しかし、自分の価値観と違う生き方をしていくことにより発症しやすい病気です。治療中は焦りがでてしまいがちですが、自分自身を見つめ直すいい機会だと捉えることが大事になります。

Read More

脳が知らせる病気の可能性

婦人

脳の活性化という観点からうつ病治療を行うTMSは、治療行為に伴う身体的負担は一切ないと好評価を獲得しています。さらに費用も多くの病院で5万円以下の相場を構築する程落ち着いているので、治療行為の敷居を低くした成果も評価されています。

Read More

Top