うつ病治療の前にうける検査の重要性とは【費用相場を紹介】

脳が知らせる病気の可能性

婦人

脳の信号を改善しよう

脳から体への指令は電気信号で行われているため、体だけでなく心の疾患も電気信号の活動状況を改善する事で治療できます。この方法に着目したのがTMSと呼ばれている磁気刺激療法で、脳に磁気刺激を与えて働きを活発化させてうつ病治療を行います。TMSで一番評価が高いのは、治療の仕様上治療行為をする際に必ず医師の手で機械操作を行うため、医師との信頼関係が築きやすいメリットがあります。うつ病は肉体の影響もありますが、精神疾患に分類されるため医師の存在を身近に感じられる治療環境は、なによりも重要です。またTMSを使用する際には頭部に磁気信号発生装置を取り付けますが、特に痛みもなくリラックスできると反応の良いリアクションが多数確認されています。さらに機械使用で行ううつ病治療なため、副作用がなく安全性が高い点もうつ病治療の敷居が無くなった様な好評価を獲得しています。さてTMSの具体的な費用の概要についてですが、治療前には必ず光トポグラフィーを受診する必要があり、治療費用とは別に1万円前後掛かります。そして治療費用は磁気刺激1回当たりで計算し、2万円前後の相場が定着している傾向が強く現れています。これに加えてうつ病治療を受けたという報告を会社にするための診断書が必要な方は、診断書発行手数料として1万円前後掛かります。公的診断書の発行が必要な方は、さらに3万円程の別料金で発行している機関が多いので医師に確認しておきましょう。ただし公的診断書の発行には手続きに時間がかかるので、土日にも発行してもらえる受診機関が注目集めている傾向があります。こうしてTMSでうつ病を完治させた後の評判ですが、頻繁に評価されている点は短期間の治療で済むという点です。機械治療は1か月から2か月の間定期的に行い、脳の電気信号で発生してしまったうつ状態の改善に努めていきます。脳の活性化を直接的に行うので、身体的疾患で発病したうつ状態も改善できる可能性が高く、それを短期間で行うため忙しい人の受診希望が多くあります。また経済的な負担に関しても、総合的な費用は5万円以下に落ち着く事例が多いため、投薬治療よりも多目的な視点で安定した評価を獲得しています。そして何より注目されている要素は、授乳中や妊娠中の方もうつ病治療ができるという点です。投薬治療と違い胎児に影響がないので、初めての子育てにストレスを感じてしまった夫婦からの相談件数も、安定して解決できています。メディアでも取り上げられる事が多い治療法で、その影響から近年相談件数が増えているので、うつ状態に悩まされている方はTMSの受診を相談しましょう。

Top