うつ病治療の前にうける検査の重要性とは【費用相場を紹介】

使い分けの判断材料

婦人

2つの要因から決定します

神経伝達物質の重要性はセロトニンとノルアドレナリンが特に高く、うつ病治療薬品はこれらに対して作用するように開発されています。全体的な神経伝達物質の改善に最初に飛躍的な活躍を見せたのが、三環系の名前で知られる抗うつ薬です。うつ病の中では大うつ病性障害に分類される、体重の減少や不眠といった症状を併発している場合に処方される事が多い薬品です。また原因の特定が難しい場合に処方されるケースも多く、三環系抗うつ薬でモノアミンを増やし間接的にノルアドレナリンとセロトニンを増やします。診断基準アメリカのDSM5を元に診断する医師が多く、マニュアル化されているため安定性の高い薬品の一つです。同時にSNRIの名前で知られる薬品は新しく再開発された物で、四環系抗うつ薬として総合的に神経伝達物質の働きを改善する薬品です。睡眠促進を強力にし、効力もナチュラルに抑えられているので、体への負担を考えた治療で頻繁に使用されていますラピッドサイクラーと呼ばれているうつ病患者に対して特に有効で、長期的な治療にも向いている特徴も持ち合わせています。しかし脳内スキャンを行い、セロトニンの不足が分かった場合はSSRIの使用が医師の診察で決定されるケースがあります。うつ病の中では双極性障害抑うつと呼ばれている病気で使用され、その中でも双極性1型に対しての使用が最適解として有名です。日本国内では1990年代からの歴史があるため、安定感もありますがそこからさらに改良を加えられたSNRIも有用な抗うつ薬です。この薬品は効果としては三環系抗うつ薬に近く、ノルアドレナリンの改善に比重を置いた特徴を持っています。使用目的の最適解は、双極性障害抑うつの双極2型に分類されるうつ病に対しての効果が確認されています。日本国内の臨床は2015年からと比較的最近ですが、世界視点でみれば歴史のある薬品なので、安定性も高く選択候補によく挙がる薬品でもあります。効果の安定性を確実にするために、1日の服用数が1回に指定されている場合が多いので、医師に服用時の注意事項を聞いてから服用しましょう。ノルアドレナリンの改善に重点を置いたこれらの薬品は、身体的原因からうつ病を発症させてしまった事例によく使用されます。また意欲や気力回復にも役立つため、環境がうつ病の原因になっている方に効果的な薬品です。反対にセロトニンの作用に重点を置いた薬品は、血液の流れに関係した原因の方に頻繁に使用されています。特にうつ状態中の腸の動き最適化する効果があるので、体の内面から治療を行える特徴が注目されています。

Top