うつ病治療の前にうける検査の重要性とは【費用相場を紹介】

うつとは一体何者なのか

メンズ

どう捉えていくのか

そもそもうつ病とはいったいどんな病気なのかという問いに対しては様々な答えがあり、それは考えられるうつの症状が人によって異なり治療過程もさまざまななものがあるからです。しかし、うつ病を発症する場合、たいていは自分の価値観に適合していない生活を送っていることがほとんどです。そのため、それに気づかせてくれる信号、あるいは警告だと捉えるということができます。うつ病というと辛い・悲しい・苦しいというように悲観的に考えるのでなく、自分が本来あるべき姿とは違っていると教えてもらえたのだとポジティブにとらえて、このままではいけない、変わらなくてはと考えていくことが大事です。そうはいっても、うつの症状がひどい時に慌てて自分を変えようとすることはむしろ危険なので、少し症状が落ち着いてきた頃に自分にとって何が間違いであったかとゆっくりリラックスして考えていくようにします。うつ病になるきっかけは本当に人それぞれです。治療を受け回復していく過程では、その原因に気づくこと、そして、どうすればその原因を取り除けるのかに気持ちを集中することが何よりも重要です。うつ病は治療期間も長く、抗うつ剤を服用したり、カウンセリングを受けたからといって、急に辛い、苦しいという気持ちがスッキリしたりすることもなく、徐々に回復していく病気です。そのため、どうせ苦労するのであれば徹底的にやりたいことをやって苦労するほうが得策といえます。同じことをやっていて、特に理由がない場合でも、それがうつ病の原因になっていることもあります。人は成長するもので、身体的成長はストップしますが、精神的な成長は一生止まることはないので、成長とともに価値観を変えることも可能です。もちろん、今まで価値を見いだせていたことに価値をみいだせなくなることもあります。20代で意義を感じていたことが30代・40代になると変わってしまうこともあり、その過程でうつ病になる人も非常に多いです。つまり、今の自身の考え方や生き方に昔とはズレが生じているのに、ムリをして生きていませんかという警告がうつ病ということになります。このような考え方をすることができれば、回復もスムーズになります。うつ病を発症したばかりの時はどうしたらいいのかわからないので焦ってしまう人も多いです。まずは、医師にかかり休養することで、休養も意味のあることだと考えられるようになってきます。焦らずに自分を見つめなおす機会だと考えることが大事です。

Top